「息吹きかけて」に感染リスク、マスクで臭い判別も困難…飲酒検問困った

© 読売新聞 検問で使った飲酒感知器を消毒する警察官  新型コロナウイルスの感染拡大が、飲酒運転の取り締まりに影響を与えている。検問では、マスク着用で酒の臭いが判別しづらく、機器類の消毒が不可欠なうえ、自宅で酒を飲む「宅飲み」が増えたことで繁華街周辺での一斉摘発が...